新着情報 新着情報

シリーズ野菜のある食卓

  • 丸共ブログ
まいどです。
中央市場というところは早朝、
というか深夜から働いておりますのでね、
当然ながら昼の3時ぐらいには帰宅
するわけなんです。
少し前まではその時間から趣味の
ことなどに時間をつかったりもして
いたんですが、男がそんなことを
やっていても家族にはなんの役にも
たちませんのでね、最近は帰宅後
出来るだけごはんを作ることに
しています。
継続して同じ野菜を調理してると
時期によって味や固さなどが変化
してくることもよくわかりますので、
趣味に時間をつかうよりよっぽど
有益です。
近年は料理というとなにかと時短、
時短が重宝される世の中ですが、
やっぱり時間をかけてつくった
ごはんのほうがおいしいと感じます。
食事って普通の人はだいたい日に
三度は食べるわけですから、
生きてく上でかなり重要度の高い
事だと思います。

生きる=食べる

って事だと思います。
夫婦共働きで時間をかけてお金を
稼いで、皆さん一体何を目指して
いるのかなと思います。
働くだけでもかなりの時間を費やす
のに、人によっては就労環境の
改善を訴えて仕事以上に余計に
時間をつかっている人もいること
だろうと思います。
そんな雑事のせいで日々のごはんが
おろそかになるようであれば、それは
何のための作業なの?ってならないの
かなって思います。
昔は女性は家にいて、常に子供の
近くにおり、多くの家がおいしい
ご飯を食べていたんだろうと思います。
僕は保守的な性格なので、やはり
女性は家庭にいる方がいいんじゃ
ないかと思いますが、昭和から
平成を経て間もなく新たな時代に
進みますのでね、昔のように
女性は家庭!というわけではなく
夫婦のどちらかが、例えば男が
家事をやるような世の中が普通に
なってもいいんじゃないかと思います。
子供を産むってことはもちろん
女性にしかできませんのでね、
それだけは女性にやってもらわないと
どうにもならないですが、家事には
男女で適性の差はそんなにないと
思います。
夫婦のどちらかが常に子供の
そばにいて、美味しいごはんを
作れる世の中になることを願って
います。

ページトップへ